菅野莉央の子役時代の出演作品は?あのホラー映画にも出ていた!

菅野莉央の子役時代

数々のドラマに出演している菅野莉央さんは子役でデビューしています。

そんな菅野さんの子役時代の出演作が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • 菅野莉央の子役時代の出演作品は?
  • 菅野莉央は高学歴で才女だった!

このことについて記事にしてみました!

早速、本題に入って行きましょう!

スポンサーリンク
目次

菅野莉央の子役時代の出演作品は?

菅野莉央
出典:X

菅野莉央(かんの りお)さんは埼玉県出身の1993年生まれ、現在30歳です。(2024年現在)

すでに2歳の時から子役として活躍し芸歴の長い女優さんです。

そんな菅野さんの代表的な子役時代の出演作品を時系列で紹介します。

2002年 『仄暗い水の底から』

2002年菅野さんが8歳の時、ホラー映画『仄暗い水の底から』に出演しています。

1998年映画『リング』が公開されホラー映画がブームになりました。

そしてこの映画は「リング」の原作者の鈴木光司さんと中田英夫監督が再びコンビを組み、主演を黒木瞳さんが演じたことでヒット映画になりました。

菅野さんの役は主人公の娘という大事な役で注目度が高かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2003年 『14ヶ月~妻が子供に還っていく』

そして、2003年9歳でドラマ『14ヶ月~妻が子供に還っていく』に出演しています。

上のX(旧ツイッター)の写真右側の背の高い女の子が菅野さんで、左に写っているのは女優として活躍中の伊藤沙莉さんです。

どちらも子役としてデビューし現在も活躍されていますね。

このドラマは大人が子供の体に戻り、心は大人のままというストーリーで子役といえども大人として演じる難しさがあったのではないでしょうか。

2006年 『いちばんきれいな水』

そして、2006年11歳の時に出演した映画『いちばんきれいな水』です。

出典:映画ナタリー

右側に写っているのが当時小学校6年生の菅野さんです。

主役の加藤ローサさんは11年間の昏睡状態から目覚めますが、心は8歳のままという設定で、妹の菅野さんとのふれあいを描いた映画です。

いずれの三作品も子供らしく演じていれば良いという役ではなく子供が演じるには難しい役で、大事なポジションに抜擢されていることから演技力の高さを評価されていたようですね。

またベテランの俳優や女優と肩を並べて堂々と演技ができる実力があるようです。

スポンサーリンク

菅野莉央は高学歴で才女だった!

菅野莉央
出典:X

子供の頃から芸能活動していた菅野莉央さんですが、法政大学の人間環境学部人間環境学科に通っていました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次